写真に写る自分の顔に強い違和感を覚えて

世の中では自分自身を撮影する自撮りが流行っている様で、街中や観光スポットでも自撮り棒を持ち記念撮影する人の姿を多く見掛けます。
私自身自意識が過剰過ぎるという理由もあるのですが、どうも自分自身の顔が写る写真というのが好きになれず、大抵自分が撮影するのは他の被写体や風景ばかり、といった具合になってしまいます。

結構ショックに感じるのは、思わず写ってしまった自分自身の顔のみすぼらしさ。一瞬「誰だこれ?」と感じてしまう程に、普段鏡に映る自分の顔とはかけ離れた感じで、非常に気持ち悪くなってしまうのです。
それもその筈、自分が鏡で見ている顔は左右全く逆のものですから、違和感を強く感じても当然・・なのですが、それにしても違和感を強く感じてしまうのは、相当に左右非対称な顔の造りとなっているからでしょうか。
また鏡に映っても気にならなかった法令線やシワ、顎の弛みもはっきり写っており、さすがに危機感を感じる程。
鏡に映った自分の顔を過信せず、もっと危機感を持って顔のケアをしていかなければ、と思うこの頃です。自動車保険を比較したい