ハイブリッド以外の省エネ車

省エネで燃費のいい車といえばハイブリッドが注目されていますが、それ以外にもいくつかあります。その中で最近少し増えてきているのが小排気量のターボ車になります。

とくにヨーロッパ車からの流れで注目されているものですが、これまでは2リッターとかのエンジンを積んでいた車に1.2リッターとかの小さいエンジンを載せているものです。そのままではエンジンが小さいからあまり走れませんが、ターボをつけることでもとのエンジンと同じぐらいのパワーを出すことが可能になります。

だから、発進するときにはとてもしっかりと走ることが可能になっていて、そのあとの巡航速度になれば小排気量の車と同じぐらいの燃費になるから従来よりも省エネとなっているものです。

これならターボをつけるだけでいいからハイブリッドのようにモーターとか電池がない分、車体を軽くすることができる上に構造も簡単になります。そういったところが注目されていて人気が出ています。

この流れは日本車でも出てきていて小排気量でターボエンジンを積んだものが出てきています。これからさらに増えるかもしませんね。

車買取